1. HOME
  2. お知らせ
  3. お知らせ
  4. 「願掛け風鈴」のご紹介

「願掛け風鈴」のご紹介

寺院では、邪気除けの意味でお堂や塔の軒の四方に「風鐸」(ふうたく)と呼ばれるものが吊り下げられています。
この風鐸が風鈴の由来とも伝えられ、風鐸の音が聞こえる範囲は災いが起こらないと考えられています。
圓通寺では夏季に願掛け風鈴を行ってます。
願掛けは風鈴の短冊(木札)にお願いを書き込み奉納していただけます。
本堂横の護摩堂前にございますので、自由にご覧下さい。
日本の夏の音、涼しい音色で夏の暑さをしのいでください。
そして“願いや祈り”を鈴の音に託し届けてみませんか?

一願…300圓
寺務所にて受付しております。

詳細はこちら

関連記事